クラウドワークスで安くロゴ・イラストを作成する方法と注意点

クラウドワークスのメインビジュアル

新たなビジネスをスタートする際やウェブサイトを構築する際、ロゴやイラストなどの素材は重要な要素となります。ここでは、クラウドワークスを活用してロゴやイラストを安く作成する方法、そして注意すべき点についてご紹介します。

Alblogのステマ規制への対応

※当サイト内容に関してはAlblog独自に調査を行い、信憑性のある情報を元に執筆しております。その中で広告が含まれることもありますが、当記事の信憑性を揺るがすものではございません。

目次

クラウドワークスとは?

クラウドワークスはクラウドソージングを行う事ができるサービスです。

クラウドソージングとは英語で「crowd sourcing」と書き、『群衆・業務委託』を組み合わせた造語になり、仕事を発注したい企業や個人が、インターネットを通じて不特定多数の人々に仕事を依頼したりアイディアやデザインを募集したりするためのWEBサービスとなります。

逆に言えば無料登録をすれば個人で仕事を受けることも出来ます。会社に属していなくてもフリーランスで仕事を請け負うことが出来ます。

shiori

今回私が起業して新規事業を始めるにあたって、会社ロゴ・事業ロゴをクラウドワークスで発注した時の事、その詳細をお伝えしていきます。

ロゴ・イラスト作成を業者に依頼する相場は??

それでは業者の相場とクラウドワークスについてを記載していきます。
まずは、表にまとめたのでご覧下さい。

実際の業者料金(最安)提案の早さ備考
B社98,000円5営業日受注数日本NO1業者
L社89,000円7営業日後10年以上続くロゴデザイン業界の老舗
クラウドワークス自由(相場2~5万円)数時間後~記事内に詳細を記載

これを見るだけで、クラウドワークスが圧倒的提案の早さで料金も自由に決めれる強みが如何にすごいかがわかりますね。そんなメリットだらけのクラウドワークスですが、デメリットや気をつける点は無いのでしょうか??

次からは実際に使用してみた気付きや注意点を細かくお伝えします。

クラウドワークスについて

ここではクラウドワークスについての詳細をお伝えしていきます。
実際に私もクラウドワークスを利用していますが、めんどくささやわかりづらさは一切ありません。

クラウドワークスの発注の流れ

STEP
会員登録
STEP
募集を開始する
STEP
提案が集まる
STEP
募集期間の終了
STEP
採用作品の選定・修正依頼を行う
STEP
採用作品の決定
STEP
受注者から採用作品の納品
STEP
納品データの確認・評価

クラウドワークスでの流れはこのような感じとなります。
期間も金額も全て自由に決めることができ、募集後数時間後には作品が提案されていきます。
知らない人に仕事を依頼するので、人見知りの方などは抵抗があるかも知れませんが、特に個人的なやり取りは必要なく、流れにそって対応を行うだけなので、必要以上にやり取りを行う事はありません。

委託する相手に関してもプロフィールや今までの仕事履歴などの詳細を確認することが出来る為、事前にリサーチすることが可能です。

クラウドワークスの手数料

クラウドワークス利用の手数料は以下となります。

「10万円以下」の部分:契約金額の20%
「10万円超20万円以下」の部分:契約金額の10%
「20万円超」の部分:契約金額の5%

要は1万円で募集を出したときには、そのうちの8千円が受注者の取り分になって、2千円がシステム手数料としてクラウドワークスに入ります。

なので、依頼する側からすると特に気にする必要はありません。
更に手数料を差し引いて考えても、普通に業者依頼するよりも圧倒的に安く仕事を依頼することが出来ます。

クラウドワークスで取り扱える仕事一覧

shiori

もちろんロゴやイラスト以外にもクラウドワークスで扱っているお仕事はたくさんあります。私はロゴ・イラストの他にもバナー作成をクラウドワークスで依頼しました。

なんとクラウドワークスで依頼できる仕事の種類は200種類以上!!
カテゴリで大きく分けると以下のようになります。

  • システム開発
  • アプリ・スマートフォン開発
  • ホームページ制作・Webデザイン
  • ECサイト・ネットショップ構築
  • デザイン
  • ロゴ・バナー・イラスト
  • 印刷物・DTPデザイン
  • キャラクター・アイコン・アニメ
  • 地図・看板・インフォグラフィック
  • POP・メニュー・シール
  • CD・本
  • プロダクトデザイン
  • その他(デザイン)
  • デザイン
  • 動画・映像・アニメーション
  • 音楽・音響・ナレーション
  • ビジネス・マーケティング・企画
  • ライティング・記事作成
  • 事務・カンタン作業
  • 写真・画像
  • 3D-CG制作
  • ネーミング・アイデア
  • 翻訳・通訳サービス
  • 製品設計・開発
  • 相談アドバイス・暮らし・社会
  • プロジェクト・保守運用メンバー募集

※クラウドワークス公式HPより確認

これだけの中から仕事を依頼したり、仕事を受注したりすることが出来ます。
登録するだけなら無料なので、気になった方は今のうちにぜひ登録を!!

実際にクラウドワークスでロゴ・イラストを発注するやり方

それでは実際にクラウドワークスにてロゴ・イラストを発注してみましたので、詳細をお伝えしていきます。もちろんクラウドワークスは登録無料になり、実際に仕事の確定してやり取り後にマージンとして引かれるので、安心して利用することが出来ます。

それではSTEP1から実際に実行していったのでご紹介していきます。

STEP1:会員登録

クラウドワークスの会員登録

まずこちらのクラウドワークスからサイトを開き、会員登録を行います。
その後にメールアドレスの入力orGoogle・Yahoo!・Facebookから会員登録を始めることが出来ます。

そして流れにそっていけば簡単に会員登録が完了します。

STEP2:仕事を依頼する

仕事を依頼する際にプロジェクト方式(契約したワーカーと相談しながら進める)とコンペ方式(多くの案から選んで決める)がありますが、はじめの方はまだワーカーとのやり取りが無いので、コンペ方式で案を募っていけば良いと思います。

shiori

私は、コンペ方式で色々な案を募り、いいワーカーさんと出会えたときに別件でプロジェクト方式で案件を依頼しました。

仕事の依頼内容としては、下の添付が実際にリリースされていたページになります。

この時は、会社ロゴの作成依頼を行いました。

この項目以外にも参考URLを記入したり、参考の添付ファイルを張れる欄があったりします。
量が多くて難しそうに感じるかも知れませんが、文章には全てテンプレがあって、そこに当てはめていくだけなので、簡単に作成出来ます。ヘルプもしっかりとあるので、困ったときはそこを確認すれば迷うことはありません。

一番気になるコンペを行う料金ですが、これも相場というのが書いてあるので、そこから大体の料金が想定できます。

shiori

クラウドワークスのロゴの相場は20,000円でしたが、私は多くの参加を募りたかったため、税込み38,500円で募集を行いました。

実績がある人や前職でその仕事に携わっていた人に依頼したい場合は、金額を上げるほど、コンペに参加してもらいやすくなります。

STEP3:提案が集まる

実際に集まったロゴデータ

募集を開始した1時間後には提案がちらほらとあつまるようになります。
実際に私のコンペは56名参加、95件の提案が集まりました。

自分のイメージや想定を事前に伝えることもできるので、とても魅力的なロゴが集まりました。

STEP4:募集期間の終了

募集期日・期間も自分で最初に選ぶことが出来ます。
もちろん気に入った提案デザインがあれば、早期終了することが出来ます。

STEP5:採用作品の選定・修正依頼を行う

採用作品の選定・修正依頼を行う
実際の修正依頼

いい作品があったなと思ったら、気になる点の修正依頼や変更依頼もかけることが出来ます。
もちろん、募集期間中にもコメントなどで詳細を確認出来たりします。

STEP6:採用作品の決定

株式会社アルバトロスのロゴ
実際に選んだロゴ

自分が気に入ったロゴを選んで確定させます。
私も95件の作品をじっくりと見させてもらい、会社のイメージと合う物を選びました。
どういった使い方をするかしっかりと考えた上で、サイズや形なども事前に指定しておきましょう。

▽今回はこういった形の横バージョンもあわせてお願いしていました。

株式会社アルバトロス横ロゴ

STEP7:受注者から採用作品の納品

採用作品が納品されます。
きちんと開けるか、誤ったデータになっていないかなどを確認します。
ロゴであればaiデータがあれば、加工や運用しやすいので鉄板ですが、納品データがどのような状態でくるかは事前にやり取りを行っておくのがベターかと思います。

STEP8:納品データの確認・評価

データを最終確認して評価を行います。
今までは評価後に変更が可能でしたが、今年から適正化され、評価の同時公開で変更不可になりました。

なので、間違いの無いように適切に評価していきましょう。

気に入ったワーカーがいたら個別にプロジェクトを依頼できる

今回の仕事依頼で、採用はしなかったけど、別件で使いたいデータがあったので、気になったワーカーさんに個別にお仕事を依頼しました。※2案件採用するのも可能ですが、今回は追加依頼したい物があったので、別案件として起案しました。

shiori

事業のマスコットキャラクター2体でなんと4,000円!!
一度作って頂いていたので、もう一体の作成のみで破格でご了承頂けました!!

実際に4,000円で依頼してもらったキャラクター
実際に4,000円で依頼してもらったキャラクター

いかがでしょうか?
このクオリティが4,000円で依頼できるなんて、業者泣かせですよね・・・。

shiori

ちなみにキャラクター名はあほうどりの『モームリくん』と社畜の『シャチくん』です。
始めていく事業にそったキャラクターを採用しました。

クラウドワークスの注意点

私の場合は利用して全く不満も無く大成功でしたが、注意点ももちろんあります。
大事な事を何点かピックアップしておきます。

ワーカーの経歴をしっかりと見る

例えば「前職が工場で趣味でデザイン始めました!」という方にロゴを依頼すると不安でしょうがないのは容易に想像出来ますよね。今までその仕事に携わってきたかどうか、そしてクラウドソージングで実績があるかどうかはかなり重要な判断材料となります。

金額はよく考える

間に企業を挟まないので、業者に依頼するよりも相当な安価で依頼が出来ます。しかし、安価すぎると実績がある方が参加しないので、しっかりとそこを天秤に掛けて料金設定しましょう。

何が欲しいのかをしっかりと最初に伝える

いくらいいデザインだったとしても欲しいデータやイメージとかけ離れていては意味がありません。最初にしっかりと伝えた上で、コンペを開始しましょう。

盗作ではないかの確認は必ず

ワーカーさんはフリーランスでされているので、正体は不明です。悪質な場合は、どこかから画像を引っ張ってきて、それに似た物を提出してくる可能性もゼロではありません。
なので、どこかから引っ張ってきていないかの確認は必ずしましょう。

これらにしっかりと気をつけていれば、おそらく大失敗は免れると思います。
正しく活用すれば、下手をすれば業者の10分の1の価格で欲しい物が手に入る事も夢では無いので、よく考えて実行していきましょう。

ロゴ・イラストを安く作成する方法のまとめ

いかがでしょうか?

実際に私は、ロゴ・イラストを半額以下どころか相場の5分の1くらいの価格で取得する事が出来ました。やり方さえわかっていれば、安く出来る事、たくさんあります。

会社を登記した際、新しいサービスを始めるときなどにはぜひクラウドワークスを利用して頂きたいと思います。

今回のクラウドワークスでは、仕事を請け負うこともでき、他にも様々な取り扱っている案件もあるので、気になる方はぜひ無料登録してみて下さい!!

この記事を書いた人

谷本 慎二のアバター 谷本 慎二 株式会社アルバトロス 代表取締役

1989年岡山県にて生まれ、中学高校は野球部に所属。
神戸学院大学卒業後、東証一部上場企業大手サービス業の店長・マネージャー職に十年間従事。
2021年独学でアフィリエイト・ブログ運営を勉強しブログ設立。
2022年一人で株式会社アルバトロス設立。
最初に退職代行事業を運営し、規模拡大により社員増員。
現在は年商1億円を超える会社の社長となった。

目次